本文へ移動

研究本部(社会技術研究所・防災部門)

 “人が死なない”防災を推進するため、実効性の高い避難計画や危機管理対応策を検討、提案しています。また、これに資するシミュレーション解析、各種映像・動画コンテンツの作成、従来の枠にとらわれないハザードマップの開発、リスクコミュニケーション(ワークショップ、防災教育支援)等を実施しています。

社会技術研究所

「人が死なない防災」の推進 ~実効性ある避難計画・危機管理・防災施策等の検討~

 防災で最も優先されなければならないことは、“人が死なない”ことです。そのためには、災害を未然に防ぐハード施設の整備に加え、住民の適切な避難対応などのソフト施策をあわせて進めることが欠かせません。そして、住民・行政がいざというときにとるべき対応を平時から具体的に検討し、備えておくことが大切です。

 IDAでは、ソフト施策としての「避難」が、自然災害からの“犠牲者ゼロ”実現のために最も大切なポイントであると考え、災害特性や地域特性に応じた避難のあり方や、具体的な避難計画の検討を進め、提案しています。また、「人が死なない防災」の推進といった観点から、避難施設や防災拠点等の最適配置計画、危機管理対応およびその対応力向上策など、地域や各機関が抱える課題、ニーズに即した各種対応策も提案しています。

 また、これらの検討に活用する避難シミュレーションの開発・分析や、住民とのリスクコミュニケーションの実施、危機管理対応力の向上に資する訓練、およびその手法開発などに取り組んでいます。

災害総合シナリオ・シミュレータ等を活用したコンテンツ・ツールの開発

 どれだけ住民の避難対策を検討しても、住民自身が「自分の命は自分で守る、そのために避難をしよう」と思わなければ、災害犠牲者を減らすことはできません。住民の防災意識を高め、実際の避難行動につなげていくことが必要です。

 IDAでは、災害総合シナリオ・シミュレータを活用して、シミュレータによって計算された災害情報の伝達状況や住民の避難状況、そして人的被害の発生状況などをアニメーションの形で分かりやすく表現したシミュレーション閲覧コンテンツを提供しています。

 このほか、住民の防災意識を高めるための映像コンテンツ(防災ビデオ)や、子ども向けの啓発ツール(子ども版シミュレーション閲覧コンテンツ、防災クイズコンテンツ)なども開発しています。

これまでの枠にとらわれない新しいハザードマップの作成・提案

 全国の自治体で、洪水や土砂災害、津波、高潮など、あらゆる自然災害を対象に、ハザードマップの作成が進められています。しかし、作成時の期待とは裏腹に、ハザードマップ配布後も、住民の防災意識の向上や具体的な避難対応の検討が進んでいないケースも多く見られます。

 このような問題を解決すべく、IDAでは、従来のハザードマップの枠にとらわれない“新しい”ハザードマップを開発しています。たとえば、避難の判断に資する情報として、浸水深だけでなく、氾濫流の流速や浸水時間も考慮したマップを開発したほか、これらの情報や自宅の位置・構造などから、個人がとるべき避難行動指針を診断し提示するマップを開発し、提供しています(逃げどきマップ)。また、「命を守る」ことに主眼を置き、住民に対し自分で判断し主体的に避難する意識を醸成する、コミュニケーションツールとしての機能を強化したハザードマップも開発し、提供しています。

実質的な防災力向上を推進する取り組みおよび地域防災計画の作成

 自然災害に対しては、地域社会を構成する住民と行政が連携して対応していくことが求められます。避難に対する住民の意識を醸成するためには、行政と住民が対話することにより相互理解を促進することも有効な手段です。

 IDAでは、避難に関する行政・住民間の合意形成を支援するため、ワークショップや住民懇談会のファシリテートを行うほか、行政がワークショップを実施するためのマニュアルも作成しています。

 また、地域や自治体の実情をふまえた地域防災計画の作成・見直しも行っています。具体的には、防災アセスメントやアンケート調査などによって地域や自治体の防災課題を把握するとともに、全庁対応を考慮した時系列的な配備計画、平時からのアクションプラン、防災教育など、地域防災計画の作成・見直しを契機とした地域防災力向上に向けた取り組み、施策を提案します。

災害を生き抜く力を育み、災害に備える文化を醸成する防災教育支援

 子どもの防災教育を地道に継続していけば、防災意識の備わった親が子どもを育てるサイクルが確立され、将来にわたって地域に防災力が根付いていくことになります。

 このような理想的な地域社会を実現するため、IDAでは、学識経験者との連携のもと、学校防災教育にも積極的に取り組んでいます。また、学校の先生方が防災教育を実践するための手引き書やカリキュラムの作成も行っています。

その他の取り組み

 そのほか、住民意識調査や分析、災害対策の効果検証など、防災や危機管理等に関する各種ニーズにお応えします。

◎各種事故・危機等に対応した対策・安全問題に関する検討

 上記でこれまでに紹介しました「人が死なない」という観点に基づく取り組みや検討は、災害や防災に関わらず、各種事故や危機、労働災害等にも適応できると考えています。IDAでは、そうした各種事故・危機等に対応した対応策・安全問題に関しても検討・提案します

◎住民意識調査・分析、災害調査、災害対策効果検証など

 そのほか、住民意識調査や分析、災害対策の効果検証など、防災や危機管理等に関する各種ニーズにお応えします。

株式会社アイ・ディー・エー
〒370-1201
群馬県高崎市倉賀野町4221番地13
TEL.027-384-6600
FAX.027-384-6601
 
業務内容
1.公共事業等の施工管理・土木設計・測量全般
2.環境事業の調査設計・総合的な情報関連業
3.地域防災計画・各種ハザードマップ作成・災害情報伝達の研究
4.地域づくりの協働モデル事業、地域活性化事業支援